米本 佳正

釣り好きの父や叔父の影響で、海、川、ダム湖などで色々な魚種と出会う。
幼少の頃から釣りの楽しさを叩き込まれ、ルアーフィッシングに出会ったのは小学6年生の頃のバスフィッシング。
当時は実家の近所にブラックバスは生息していなく、30~40kmの山道を自転車で走り、ダム湖へ通っていた。
社会人になってから本格的にバスフィッシングにはまり、フィネスなタックルで『誘って掛ける』釣りが大好物!シューティングやサイトフィッシングは勿論、パワーフィネス・ベイトフィネスを得意としている。
アジングを始めたのは数年前、同僚に誘われたのがきっかけとなり、魅了される。その奥深さに日々アジングの事ばかり考えている。
様々な状況で、アジ特有のアタリ(生命感)を感じとり、掛ける。

とにかく、この釣りが大好きでたまらない!外房に住んでいた事から毎日の様に海に出掛け地元の人とのコミニュケーションを大事にし、アジングについて様々な事をレクチャーしているうちにいつの間にか慕われる存在になり、34のフィッシングガイドとして毎日海に出ていた。
福岡に移り住み34で務めていたが、一身上の都合により2016年4月に34を退社。実家がある千葉県に住まいを移し、34インストラクターとしてアジングレクチャーに努めている。

ページ上部へ戻る