申 贊均

メインフィールド:韓国

韓国の釜山在住アングラー。34初の海外インストラクターとなる。釣り歴は5歳の時から。釣りが好きな父についてヘラ釣りと海釣りを経験。その後、釜山でメバリングを初めてした時に、たまたま掛かったのがアジだった。それをきっかけにアジングの面白さにふれ、アジングを始める事に。釣りをする中で最も大切な事として、釣りの中で知り合う”人と人のつながり”を大切にしており、彼に出会った人は皆、彼の虜になってしまう。その彼の柔らかな物腰からは想像ができないが、簡単な釣り場での多くの釣果よりも、難しい釣り場での1度のアタリを楽しむという、ストイックな一面を持つ。彼は釣りを総合的学問と捉えており、釣りは緻密な証明と計算が必要な高度の数学であり、万物の法則を含む物理学で確率による統計学だと考えている。そんな彼ならではの多角的な視点からによる論理的な釣りを日々楽しんでいる。

ページ上部へ戻る