34

アジング,メバリング,家辺 家邊,克己,34

アジング34
PRODUCT

『第一章開幕。』
もの作り
検証する事から始まる。
検証する事によって、そのものをイメージする事ができる。
そのイメージを実際の釣りにおいて合致させていく。
製品開発=イメージとの合致。
それがもの作りの基本です。すべてはそこから始まる。
自分たちが海に出て、釣りをする事によって、こういうものが欲しい、ああいうものが欲しい。
そう思ったものを実際に作ってイメージと合わせていく。
海に潜って検知するという事は、その動きを演出したイメージと、実際の動きを合致させること。
どれほど相応していると思っても、実際はそうじゃないかもしれない。
だから実際に海に出て、魚を釣り、海に潜り自分たちの目で確認作業をする。
その確認作業があるから、陸の上で同じ事ができる。
確認作業。これを必ず行うこと。
すべてがそうやって出来上がってきた製品たちです。


top